大学卒業後、大手に就職し1週間弱で辞めて23歳の時にイギリス留学を経て現地で就職した元社畜の日記。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
このクソバイトも残す所4ヶ月程度になった。
この頃には以前の騒動もあって一気に人数が減り、自分より先輩という人は1人か2人だけという状況になってしまった。
後は全員後輩。

先輩の立場に立って、今まで自分が敬語を使って指示を伺う立場だったので逆に自分が敬語を使われ指示を出す立場になり、初めは少し良い気分だった。

変なタメ語を使っちゃう後輩もいたけど俺はまったく気にしなかったし、そもそも「先輩だから偉い。きちんと敬語を使え。」っていう考えは無かった。
だけど世の中、仕事になると同期の間でも敬語を徹底してっていう奴は少なくない。
で、勤務外の時になると敬語から普通の話し方に変えるのなw
どんだけ意識高いんだよw

そもそも先輩とは言え、俺はなるべく部下の仕事に干渉しないようにしていた。
仕事してる間、仕事の話よりも世間話のほうが多かった。それが功をなして、複数の後輩からは「元社畜さんと仕事をしてる時が一番リラックスできてやり易いです。」と言ってもらえたしな。

研修だけは丁寧に教えて後は「困った時は遠慮なく聞いて。でも同じことは3回以上言わないよ。」と全員に伝えていた。
これで上手く仕事が出来ないようであれば無理に叱って叩くよりも別の向いた仕事を探してもらったほうがその人の為になると思う。
もっとも職探しが大変な日本じゃこのやり方は矛盾してるんだけどなw
まぁアルバイトごとき、そこまで難しいことでもないだろう。

問題は怒ること。

以前に社畜の上司の下に付いていた者として、そういう上司と同じ部屋に入るだけで緊迫した雰囲気になるし、リラックスをして仕事が出来ない。
いつ怒られるかもわかったもんじゃなかったから逆に仕事がはかどらなかった。
それを踏まえて、自分は後輩には「怒らない。」を徹底した。

時々、「怒ったほうが本人の為になる。」っていう人もいるけど、俺は個人的にその逆の考え方をしている。
よっぽどの悪行でも無い限り、何の権利があって完全に上から目線で人を罵倒出来るのか疑問に思うし、そもそも説教をした所で仕事が進むわけでも無いから。
それに仕事をするまでに成長した人には怒ることでは特に大きな変化は与えられない。
感動するレベルの話術なんか備えていないし、怒って相手を正すという労力を考えると避けたほうがいい。

だらだらした説教なんかいらないから早く問題点・解決法をまとめて仕事に戻せ。


だいたい1時間単位で説教をする奴って話が脱線しまくってまとまってないし(そりゃ1つのミスで1時間以上も同じ話をするのはムリ)そのまま勢いに任せて別の事に関してもキレたりするからなwww
いくら説教を長くしたって怒られてる側の反省度合いなんか変わらないし、元々反省しない奴は反省しない。
説教をしているより一刻も早く解決法を提案して今後同じミスを繰り返さない為にはどうすれば良いかを話し合ったほうがよっぽど早く終わるし有益なんじゃないの?www
なのに大抵の馬鹿は無駄な説教を「お前仕事をナメてるの?」とか何時間も続けて結局最終的に「で、改善する為のこれと言ったポイントは何だったのか?」という場合が少なくない。

俺自身は「なぁ~?」と問いかけられる度に口では「申し訳ございません!」と大きな声で何度も繰り返していたが心の中では「お前のストレス発散に付き合っていると仕事が進まないし帰れる時間は遅くなるんだが。はやく問題点の解決について話を始めろよ。」としか思っていなかった。

だいたいミスをした事よりも馬鹿どもの説教に付き合っているほうが会社にとって重荷になることもありうるんじゃねえの?w
社員の仕事を止めてるよりも一刻も早く作業に戻らせたほうがいいだろうにw

そういうことで面倒臭がり屋の俺は部下がミスをした時は、解決法だけ教えて後の改善・進歩は個人の能力に任せていた。
「こういう時はこうするんだよ。」とすれば数分程度で終わるしミスをする度にいちいち腹を立てるよりかはよっぽどお互いにとってやり易いと思う。
だいたい部下のミスなんかで腹は立たないしそもそもそれでギャー!と怒る理由がわからない。
部下の管理も成績に含まれるなら尚更のことすぐ怒ったり無駄な説教はやめるべきじゃないの?w

というか会社ですぐ怒ったり、キレたり、怒鳴ったり、説教モードに入る奴って私生活でもそうなの?www
それとも仕事する時だけ?仕事はナメちゃいけないから?wwwwwwwww
スポンサーサイト
Mチーフが来て以来、色々なことが変わった。
以前のチーフの方針に従ってやっていたことは革新(笑)の為に悪者扱いで廃れていった。
というか「入社時期に教えてもらった方法ですけど」と言うと怒るからなwwww
来て一ヶ月も経たない新入り状態の奴が出しゃばって作業のルールを変更しまくるのは逆効果でしかなかった。
そもそも、そこにあるルールっていうのは一見奇怪なやり方に見えても何年も引き継がれてさまざまな理由の元に洗練されているものがほとんどなんだから、いきなり来た奴の俺様ルールで効率向上するわけもねえわなw
まあ上司様には逆らえないから仕方ないw

さて、前述の「あることをキッカケに不真面目バイトに変身した」の発端はこの時期に起こった。

まず、作業が早く終わることを察知されてから1週間後、突然今までの1日辺りの勤務時間から1時間を減らされることになった。
つまり、普段より1時間遅く出勤するということ。
給料据え置きならまだしもこれでは一日辺りの稼ぎが減ってしまう。

更に、俺自身は「働きすぎ」ということで週6日から週4日に強制的に減らされた。他のメンバーは俺が減らされた分増やされ、増やせない奴はクビにされた。
それまで多めのシフトを維持してもらえるよう献身的に頑張ってきたのに、「働きすぎ(笑)」の理由でwwwwww
これらのことを告げられた日、3時間は抗議しっぱなしだった。
しかし何を言っても「本部命令」「仕事だから」と言われるだけでラチが明かなかったし、クビを賭けて抗議し通すことが出来なかったので泣く泣く要求を呑んだ。
(この時、留学する9月まで半年しか無かったし、ここで辞めて「あと半年だけしか働けませんが1ヶ月10万以上稼ぎたいです」と言って雇ってもらえるはずが無い。)
他の社員どももMチーフと一緒になって「皆辛いんだよ。自分だけ我侭言うな!」と1対他全員で多勢に無勢だったしなw

「働きすぎだから」とはぐらかされて理由はハッキリと言われなかったが恐らく俺の週当たりの労働時間が多く要保険加入状態だった為、保険に入れるのではなく無理やり俺の労働時間を下げて、他の人たちのシフトを無理やり増やしたんだと思う。

つまり俺は人件費削減政策のもと、たかが1人分の保険代をケチられて勤務日数を減らされ、最終的に予定していた収入を作るために自分の宝物を売るハメになったわけだw
たしかに会社っていうのは「利潤追求」を目的とした組織であって、慈善事業ではないのはわかるがいくらなんでもこれはひどすぎるだろ?w
顔も知らない上層部のアホが勤務実績の書類だけ見て「働きすぎ。無保険状態。下げろ。」の言葉だけでこの始末だしなwwww
今でもこれを思い出すと怒りのあまり叫びたくなるし涙が止まらなくなるから多くは書けないけど、そういうこと。
休んでいた日のことを怒られても口答えせずに謝っていた俺でもさすがにこれに呆れてMチーフの指示は聞かなくなっていったなw

ともかくこれは置いておいて、この件でもう一つ不満に思ったのが労働者に「抗議する」という考えが無いこと。

この時の件でまともに抗議したのは俺だけだったし、最終的には金にガメついとか「社会じゃ通用しない」とまで言われた。
「無理だ」と思ったほかのメンバーはそのまま素直に辞めちゃったりクビにされても何も文句言わないんだもんw
だ~れも俺に続いて抗議に参加しねえのw
挙句の果てにパートのクソババアから「皆辛いんだから」と同調圧力を掛けられるwwwww

待遇交渉は使用する側VS使用される側


という構図になるのが当たり前なのに使用する側&一部の労働者VS抗議側というわけのわからない状況になるのも珍しいことじゃないwww
この一部の労働者は「我慢」とか「耐えろ」と言ったり、「会社の為だ」って経営者の台詞をほざいてくるからなw
お前ら自分自身か会社様かどっちの味方なんだよwwwwwwww

「会社が潰れてもいいのか」とホザかれたこともあるけど、労働者の抗議の権利を保障しないワンマン違法企業なんか潰しちまえよw
健全な会社競争の形成には癌でしかねえんだから。
しかし、こういうストライキは悪という風潮が蔓延しちゃってる昨今、もう遅いわwwwwwww
多少、社員の待遇を悪くしても特に強い抗議はされないし押し殺せるんだからよっぽどの大手など強い企業でない限り高待遇は維持できないし、中小などは自分とこだけ社員の待遇を良くして人件費に多く割いてあげてちゃ他の会社に負けちゃうしw

頭を使って作業を効率化したり備品の消耗速度を軽減させるよりもいっそ社員の待遇を下げちゃえば手っ取り早いし簡単。
給料の下げ幅を上手く調整して不満の出ない程度にすればストライキを決行してまで抗議する人はほとんどいないし、もしそういう輩が出たとしても勝手に社員同士で「会社の為」とか「仕事だから」とか「皆辛いんだから」で勝手に抑えておいてくれるから上にとっては楽なもんだwww

ところでストライキって何でダメって風潮なの?お客様に迷惑掛けちゃうから?w

「義務をきちんと果たしてから権利を主張しろ」という夢見たクソボケドリーマーが時々居るが権利と義務は同等の優先度であって、権利を行使してから義務を果たすとか義務を果たしてから権利を行使するのどちらでもないからなw
Yチーフが飛ばされた次の日から新しいMチーフ(40代男)に変わった。
先に結末書いちゃうとこいつはものすごい社畜
そいつは他の店からやってきたのだが本部からの評価は上々らしい。チーフが定時後わずか1時間で帰ってしまう無秩序状態の職場を改善する(笑)にやってきた厳しいチーフだ。
俺は法律が無きゃこいつを刺してやりたいと常々思うほどに嫌うことになる。

初日、新チーフが来ると言うことで緊張をしつつも部屋に入ると同時に「おはようございます!」
ちょうど良いところに目の前に新チーフのMがいたので近寄って自己紹介。

「初めまして!"元社畜"と申します!これからよろしくお願い致します!!」

上司から良い評価を得るには第一印象が大切なので元々性格的にはだらしないタイプだったが挨拶には力を入れていた。
で、こいつの返答は「はい。」 はい、終わり。
えっ?w おまえの名前すら聞いてねえんだけどwwwwwwwwwwwwwwwwwww
「はい。」と言われただけなので続けて何か言うのかと数秒間は唖然として見つめたもののこいつはまた自分の作業に戻る。
冗談抜きでMチーフの着任後1週間程は他の俺ら夜勤メンバー全員がこいつの名前を知ることは無かった。
最終的に知ったのも1人のメンバーが自分で調べて他の夜勤メンバーに広めた為。

部下に挨拶もろくに出来ないこのクソが本部から高い評価を得ていたのは簡単。サビ残をしまくるから。


驚いたことにこいつは開店から閉店までずっと店にいる最強の社畜だった。
まさに社畜の神様だよw
つまり開店準備の朝7時に来て閉店する夜10時以降まで残っている。
そして勤務実績に加算するために記入する時間表には17時退社ということで毎日5時間程度のサビ残。
俺なら前回の会社同様、1週間も持たないよw

こいつが無駄にサビ残をすることで一番困るハメになるのは俺たち夜勤のメンバー。
以前書いたようにYチーフの頃は社員全員6時には帰ってしまうので作業を早めに終わらせて勉強をしたりゲームをしたりとリラックスできる。
だからこそ、皆早く終わるようにマジメにやっていたし遅い人の分も協力してやっていた。
しかし、Mチーフが指示したのかは定かでは無いがこのクソがサビ残をして残るので他の社員も残らざるを得ず、実質閉店時間まで誰かしら社員がいる状態になった。
作業をマジメに終わらせたとは言え、そこでゲームをやっていればどんなことになるかわからない。
だが、元々作業スピードが速い俺たちではどうしても早く終わってしまう。
退勤時間まで作業が終わらないようになるべく手をゆっくり、のそ~っと歩いてボケーっとして時間を掛けていた。
今考えると本当に無駄で馬鹿丸出しの行動だけどなw
しかも、このMチーフは作業が終わったと見るや、説教を始めたり「終わった?そしたら今度はここを~」と遠慮無く指示してくる。
そして普段から時間が余るのがバレて行き、毎日の作業の数をドンドン増やされるハメに。
これで給料が上がって行くならまだしも疲れる材料だけ増えるだけなんだからモチベーション下がるだけw
何が特に大変かって、作業そのものじゃなくて作業が終わったことがバレないように作業をしてるフリをするとか終わらないようにいかに作業を遅く出来るかってことw
以前まで、どれぐらい効率向上させて作業スピードを速めて勉強・ゲーム時間を多く作れるかということを目標にしてモチベーションを上げていたのに、こんな無駄な状態になってストレスも溜まる一方wwww

Mチーフは途中で喫煙室に入ってタバコを吸ったり、携帯をいじったりしていた。
それでもいつこっちに戻ってくるかわからないのでとりあえず作業をしているフリを延々と・・・。
このクソからの評価を得るには作業が早いとか優秀とか実質上の能力は関係無い。どんなに無能であろうがどれだけ頑張って仕事をしているように見せるかが重要。
Yチーフの時代では超優秀扱いされていた俺は逆に、使えない奴呼ばわりに変わった。

作業のスピードは自分のペースに合わせるのではなく、上司や周りのペースに合わせる。


これが「日本の労働効率が比較的悪い」という要因の一つだと俺は思う。
こっち(イギリス)では作業が早く終われば終わるほどお得。
基本他人の仕事なんか手伝わないから終わったんなら勝手に帰ればいいし、上司に作業量を増やす代わりに賃上げ要求もよし。(これ日本でやったら非人扱いか?w)
帰る時だって「今日の作業終わったんで帰るよ。」とだけ上司に言えば十分だし、それで意味も無いのに引き留める上司も居ない。(というか終わってるのに引き留めたら絶対ケンカになるけどなw)
とりあえずこっちでは、わざと作業を遅くして得することなんか何も無い。というか常識的に考えてそれが当たり前だけど。

長く外国に働いていた人が日本に帰って仕事をしなければいけないハメになり、社則に明記されているものでもない、わけのわからない「空気を読む」ルールに縛られて愚痴を書いているのを見かけたことがある。

両方を経験している俺にとって国内での仕事・国外での仕事、どちらを選択するかは明白。
俺は絶対に戻らないぜw
アルバイトを初めて半年ほど経った冬の日のこと。
いつものように出勤すると突然、涙目のYチーフから「異動することになった」と言われた。

惣菜のチーフや社員というのは店の異動、つまり転勤が一年や二年ごとにある。
但し、Yチーフはまだ会社で決まっている異動の年ではなかった。
そしてあまりにも突然言われたらしい。
Yチーフに直接言われた時に、「やっぱり皆や店と離れるのが辛くて涙目になっていたんだろうな」と思っていたのとは全然違う理由だった。

Yチーフが実際に異動となるのはその1週間後だったが、異動決定から急におばさんパートたちの態度が変わり、転勤が決定するまで色々黙っていたのだろう、こちらにまでYチーフへの陰口をベラベラ話すようになった。

「あの人は適当すぎる」「今までのチーフで一番適当」などと異動が決まった人に言う言葉ではない陰口を聞いた。
たしかに少し適当な所はあった人だが、俺から見れば俺ら男性部下たちの面倒見も良くとても好かれてて、仕事自体も十分出来る人であった。
ところが、今まで一緒に働いてきた人にねぎらいの言葉を掛けるどころか平気で人が不快に感じることを言える辺り、当時の俺らの2倍近くも生きてても仕事に必死になりすぎて人としての常識を培うことを忘れていたようだなwww
こういう仕事に必死な奴は些細な事でもいきなりキレて説教を始めて部下や年下とはいえ、「お前」だの社会には不適切な暴言を平気で吐く。
とまぁ、俺はこのクソババアどもは「仕事しか出来ない。仕事の話題しか出来ない、人生つまらなさそうな人々」としか思ってなかったので余計なことを言うたびに人として見れなくなってくるというか人間としての魅力よりもとりあえず仕事しか無いなという見方が強くなってくるわけだw
そりゃ普段から忙しい現場で怒鳴りあいながら働いていれば人としての常識なんかもそのうち無くなってくるわなw

ところが今でもその陰口の中のある一つの発言が今でも頭を離れない。

「あの人(Yチーフ)は早く帰りすぎなんだよ!本当は閉店までいるのが当たり前なんだから!」


これを聞いたときはさすがにもう色々とやばいと思った。
朝7時から入って5時まで働いて1時間のサビ残を毎日やっていて早く帰りすぎwwwwwwwwww
体を壊しながら新婚の嫁と子供がいんのにそれwww
というか開店から閉店までいろって何wwwwww仕事場が家かよwwwwwwwwwwwwwwwww

その言葉を聞いたとき、大学を卒業後に入社した会社でのサビ残地獄を思い出して吐きそうになってしまったのだが奴らは本当頭がおかしい。どうしてサビ残を他人に強要出来るのか、個人の時間よりも仕事なのか、本気で理解が出来ない。
今の会社ではサビ残なんかまず無いし、他人にそれを強要することも無い。というかそんなことしたら処分が来るだろうけどw違法な行為の幇助なんだからなw
だけど、日本なんかじゃ「責任」という言葉を盾に他人にサビ残だろうが何でも押し付けるのが平気でまかり通ってんだよなw

Yチーフが異動してからも色々な話を聞かされたが、誰かがYチーフのそれ(定時からたったの1時間のサビ残で帰宅)を本部に密告したそうだ。途中で視察に来た本部の超アホから「あいつは使えない」「中途半端な仕事をして帰るボケ野郎」などと聞いたがやはり本部からの命令で異動というより実質の左遷状態だったらしい。今はどうしているか知らない。

社畜は他人にサビ残の空気を押し付ける。それをかわして帰っていると「仕事に責任が無い」というレッテルを貼られ自分の身に何が降りかかるかわかったものじゃない。

Yチーフのように・・・。
閉店時間3時間ぐらいになるともう惣菜担当は夜勤メンバーしかいなくなる。
さすがに社員もチーフも開店時間から閉店までいるわけにはいかないからなw

夜勤のメンバーになってから数ヶ月も経ってくるとやはり慣れてしまうわけだ。
特に頭使うわけでもなく手と体動かしてればいいだけだからなw
特に俺は要領の良い方だったから何年も勤めている人よりすぐに効率の良い方法を見つけることが出来た。

夜勤メンバーの勤務時間は5時間。(17時~22時)
ところがその店では良い年した若者が二人で仕事をすれば惣菜の片付けなんてのは3時間もありゃ終わった。
どうしても代わりがいなかった時に来る補欠の遅い奴とかは閉店過ぎても終わらなかったけどなw
で、5時間勤務のうち3時間で終わらせるとあとは2時間何もすることが無いわけ。(閉店が近づくにつれ、途中で作業は発生するが10分もかけりゃ終わる程度。)

そこで、どうするか。もちろん自分から帰った社員に電話して「終わってしまったんですけど他に何か仕事ありませんか」と聞いたり、指示された事以外の作業を作って仕事するのは社畜のすること。
俺らは勉強道具を持ち込んで試験やら資格対策など各々の勉強をしていた。時々、PSPで対戦w
これには賛否両論あるだろうが、やらなければいけない作業を終わらせたのに「ゲームをしてサボるな」とか「終わったなら社員に電話して次の仕事を聞け」とか外野からのほざきを聞く気は一切無い。

作業が一通り終わったのでこの作業をやるからこんだけ時給を上げてくれっていう慣習は日本のアルバイトには無いからなw
終わったのに「次の仕事を」なんてやってるとキリ無いからwww

以前、作業後の行動について調べたことがあるが大半の連中は「次の仕事を探す」だったからなw
同時に、「私事をすることについてためらいを感じる」がほとんどw
きめえwwwwwww社畜wwwwwwwwwwwwwww って言いたい所だが、自分に何の干渉も来なければ相手を尊重する意味を込めて俺は「ご自由に」としか言わない。こっち(イギリス)ではいちいち同僚の仕事にまで口出さないからなw

幸いにもアホ社畜の卵I君が消え失せてから長い間、夜勤メンバーにはそういう奴が居なかったので良かったが、仮に夜勤ペアのもう一人が「作業終わったら次の仕事を探す」という奴だったとして、そんなに仕事がしたいのなら俺はそいつに何の文句も無い。
こっちが自習なりゲームしてる間に一人で勝手に壁でも拭いたりしてればいい。
だが経験上から言うけどそういう奴は大抵、こっちがゲームをしていることを妬んだり咎めたりするからなw
もう仕事は終わってるんだっつのwwwwww
こういうのはおそらく

俺がまだこうやって仕事して苦労しているのに近くで悠々と楽そうにしてるのが気に入らない。


っていう考えから来ちゃうんだろう。
こっちからは相手にもしてないのにあっちから図々しく仕事のなんたるかを説教しに掛かってくるからなw
しかも無能な自分の仕事の遅さを棚に上げて同量程度の仕事をとっくにこなしてる相手になwww

集中して仕事を早く終わらせる。あとは自分の時間に充てる。(優秀であることの利益)
もっと高い給料が欲しければそのまま仕事を探してする。(優秀であることの利益!)
こういうメリハリのついたことが出来ないから労働効率が悪いと言われるんだよwww

前記事で書いた通り、「優秀な奴は損をする」とはこういうことだw
アホ社畜の卵が去って1週間程。
夜勤のメンバーとして慣れてきた頃のこと。

朝から商品を製造する社員・パートは17時までにその日の予定製造数を作る。そして夜勤メンバーが17時に出勤して惣菜室の片付けを始める。
しかし実際にはどうしても17時までに製造は間に合わず(アホ上層部が十分な人数を入れないから)1時間や2時間オーバーすることはほぼ毎日のことだった。
俺はこいつらが「忙しい~!もうたいへ~ん!」と叫びながらなんで人員増強を要求しないのか理解が出来なかったし、いつまでもちんたら残業されて作業の邪魔だったので表面上では良い様に繕っていたが内心では残業しまくりの現状を軽蔑していた。

特にひどかったのは毎日2~3時間の残業をしていたパートのRというクソババア。
中学生になる息子がいるらしいが夜七時までの残業をほぼ毎日していた。家族の夕飯はどうしてたのだろうか。
5時半になるとほとんどのパートは帰るのだがそのクソババアとその他のパートと社員はまだ1~2時間製造を続けることになる。

で・・・、どうしても解せないのがこれ。

パートのHさん「それでは帰ります~。お先に失礼します~。」

クソババアR「Hちゃん!!!私のタイムカードも切っておいてええええ!!!!」


驚く事にこのクソボケたババア奴隷は自分からすすんでサビ残業をしているのwwwwwwwwwwwwwwwwwww
ただのパートがなんで自ら喜んでサビ残wwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwww
もう本当に馬鹿の次元が違うよほんとwww しかも誰も当たり前のような感じで何も言わないwwwwwwww

本当にこれだけだったら、単純にこのクソババアが救いようも無い程にバカすぎるだけでなんら問題は無いのだが、ある時、出・退勤時間記入表を見たら他の夜勤メンバーと交代の時間まで残ってたパートどもはなんと退勤の挨拶の30分~1時間前の退勤時間を記入していたwwwwwwwwwww
どんなルールだよマジでwwwwwwwwwwwww

初めて惣菜室に入った時に壁に、「サービス残業はやめよう!○○ではサービス残業をさせません・許しません。」というようなことが書かれた社内ポスターが貼られていたのだが、それが貼られている中で、「会社・仕事のために」と自発的にサビ残をする姿は本気で理解が出来ない。何度も書くがw だってマジで理解できねえもんwwwww
社畜すげえなマジでwwwwwwwwwwwwwwwwwwwww
ここまでくると正社員だろうがパート・アルバイトだろうが本当に関係ないwww

ところで、俺ら夜勤メンバーの最後の仕事には売れ残った商品の廃棄というものがある。
これを閉店後にやるとサビ残になってしまうのでお客がいようがいまいがかまわず閉店5~10分前に商品を回収していた。
まだ商品を選んでいる所を横取りをする感じw

だってこれを閉店時間ちょうどからはじめるとサビ残になるしなw 契約書ではその時間までなんだよw
ある日、上層部の人間が来て「閉店時間後にやれ。ざけんなよ。」とすごまれ、その日だけは閉店時間後にサビ残としてやったが、翌日からはもちろん通常通り閉店時間前にやっていた。

一番早かった時は閉店30分前から廃棄を始めていたなw あまりに売れ残った商品が多すぎると10分程度では終わらず本当に時間がかかるからw

もしかすると「お客さんが見てるのに30分前から回収するとかありえない」とかほざくアホがいるかもしれないが、会社が時間的に間に合わない仕事を押し付けているんだから、サビ残をしたくない俺らが客に迷惑かかろうが退勤時間までに間に合うよう帳尻を合わせるのは当たり前のことだからなw

責めるべき対象は過度の量の仕事を与えている会社であって、そのアホ会社のしわ寄せをくらった従業員ではない。


社畜はそこまで考える脳が無いので従業員に「終わってないのに帰るのか」とか「責任感が無いのか」って言って責めちゃうからそういうサビ残を拒否してでも帰りづらい空気が出来ちゃうんだよw
前述の人間的には良い人でも仕事は不真面目なS君。普通のH君。そして、必死にやっていた俺。
後にも先にも仕事を不真面目にやっていたS君が大勝利だったと思う。

この人は俺が入るずっと前からチーフや他の上司からこの仕事をやっといてと言われてもやることはあまり無く、うまく"なぁなぁ"に回避していたようだ。
といっても、これはやらなきゃマズいっていうのはちゃんとやってたけどねw 要するに取り返しのつかないことになるかならないか、そういう所の線引きが上手い人ってこと。
チーフや上司には特に嫌われてもいなかったが、「あいつにお願いしてもやるかどうかは確かじゃないからな~」で、他の人に仕事が回されることが多かった。

俺に関しては、出来るだけ信用されてもらう為に(誰かが休んだ時、真っ先に自分に代わりを聞かれるように)必死でがんばっていたし、言われたことも全てきちんとやっていたので上司から任される仕事はS君やH君と比べて明らかに多かった。時給はS君やH君と全く変わらないがなw

後日、後述する事になるが俺もある一件を機に、S君と同じように仕事に関しては不真面目に、指示は無視しまくるようになることになる。

ともかく、この頃はアルバイトで頑張ってたって時給が劇的に変わるわけでも無いのに必死に頑張っていたw
夢でも毎日バイトをやっていたくらいだからなwww
今冷静になって考えてみれば、脱力してアルバイトをやっていた人と必死にやっていた人とでは給与待遇面では特に大きな違いも無かった。歩合制の場合ではこの限りではないがほとんどのアルバイトは時給制で、その給料は勤務年数によりエレベーター式に上がって行く。一年毎に10円とか50円とかなwww
つまり

優秀かどうかではなく先に入社したとか、在籍期間が長いってだけで給料が高い場合がほとんど。


そのアルバイトしてる会社で社員になりたいとかバイトリーダー(笑)になってみたいとかならともかく、ほとんどの奴らは違うだろ?w
しかもアルバイトですら最高の接客態度スキルを求められたり、まるでご主人様のような口ぶりで指示してきやがるアホとかいるからなw
こっち、イギリスでは時給(クソ安)+チップ制度だから金稼ぎたい奴はチップ目当てで真面目にやるし、程ほどで良い奴はリラックスしてやってる。ってか時給とチップがあるので日本の厳しい奴隷扱いをされているアルバイトよりもわりと稼げちゃうんだけどなw
一年毎の契約更新で拒否されない程度にやっときゃいいんだよw
だから

日本でやるアルバイトっていうのは程ほどにしておかないと時給そのまま、仕事だけ増やされて最終的には自分が損する。


ってわけだw
でも社畜どもにはこういう要領の良いやり方は無理なんだがなw
「給料にこだわって仕事をするな。額によって勤務態度を変えるなんて人間失格だ。そんなんじゃ社会出てやっていけないぞ。」
とかほざくんだからw H君を叱ったパートのババアのようになwwwww
未だに精神根性論丸出しで嫌になるよホントw


Twitter

@元社畜 < > Reload

最新コメント

カテゴリ

月別アーカイブ

プロフィール

元社畜

HN:元社畜
残業・サビ残すら出来ない(日本の)社会人失格者。日本国内の労働環境に絶望し海外逃亡。拙い英語で海外での永住権取得に向けて頑張る。イギリス・ロンドンにて勤務中。

最新記事

元社畜の愛用品

 
 
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。