大学卒業後、大手に就職し1週間弱で辞めて23歳の時にイギリス留学を経て現地で就職した元社畜の日記。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
辞表を投げつけてから3日目までは社畜の巣からの電話コールが鳴り止まなかった。(あれだけ言ったのに今更何の用があんだろうなw)

さて、新卒(笑)という人生で一度っきりの資格を捨ててしまった俺には日本で再就職するのも難しい。
職歴を省いて書いても卒業済みで入社シーズンのまっ最中に職探しをしている人間など怪しまれるだろうし、そもそも年金加入歴でバレてしまう。
いくらやる気があったとしてもたった一度レールから外れてしまっただけで戻るのは実に難しいわけだw

仕事をやめた直後はハッキリ言ってしまえば印象最悪の既卒ニートという身分になる。(就職する気があってもなw 外国のニートの定義が歪曲されて広まった辺り、日本の敗者に対する見方や扱いの厳しさがよくわかるw)

俺としても勢いをつけて辞めてしまったもののさすがにこれではマズい。冷静になって考えてみると自分のしたことの取り返しのつかない過ち(無給労働拒否)が今後に大きく響いてくることに気付く。
かといってこのご時勢、年中社員募集しているようなところは年中社員が逃げ出しているという事なんだろうし、どうせ同じことの繰り返しになってしまう。

そこで考えたのが海外逃亡。もともと英語に自信があった俺は常々考えていた英国への留学を真剣に考え始める。
英国に決めた大したキッカケっていうのは無くて、今までの人生で知り合った外国人なんて高校生の時に国際交流プログラムで学校にやってきたイギリス人くらいしかいなかったからだw

インターネットで手ごろな学校を見つけて親に泣きながら頼み込み、"多少の資金援助はするものの大半は自分のアルバイト代で賄え"という結果に。
該当先の入学時期は9月だったので辞めた月の4月からでの稼ぎでは50万程度にしかならない。
一年間の留学だけでも200万は見積もっておかねばならないためその翌年の9月までアルバイトを続けることになった。

そしてもちろん、その後のアルバイトですら俺は不満を募らせることになる。
 

Comment

 
 

2011.08.11 Thu 21:52ジョゼフ・フーシェ

社畜の巣って言い回しがなんか気に入りました(笑)

害虫はおとなしく巣に閉じ籠ってろやwwww
プライベートを大事にしたい人に害を撒き散らしてんじゃねえよwwww

2011.08.14 Sun 18:32匿名

だいたい、終身雇用が崩壊してるのに新卒至上主義は変わらないってのが笑えますなwwwwwww

2011.08.16 Tue 08:39名無しニート

>社畜の巣からの電話コール

電話に出たなら、詳細よろ。



(編集・削除用)

 

Trackback

 
 
http://roudouok.blog.fc2.com/tb.php/14-3aafbe5a

Twitter

@元社畜 < > Reload

最新コメント

カテゴリ

月別アーカイブ

プロフィール

元社畜

HN:元社畜
残業・サビ残すら出来ない(日本の)社会人失格者。日本国内の労働環境に絶望し海外逃亡。拙い英語で海外での永住権取得に向けて頑張る。イギリス・ロンドンにて勤務中。

最新記事

元社畜の愛用品

 
 
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。